占いにハマりやすい女性の特徴について

>

自分に自信が持てない

依存傾向が高めだと言えます

占いのアドバイスを100%信用してしまうようになると占い依存症と言う心理的な病の一つだそうです。
特に、ネガティブ思考が強い人ほど、信じやすく依存傾向が高めな共通点が見られる事が多いのです。

常に、ネガティブ思考な為自分の事でさえも低く見がちになります。
そうなってしまうと、良い事を言われるまで同じような質問を繰り返してしまいがちになります。
ネガティブ思考が強いと言う事は、前のページでも紹介してきたような事も大きく関係しているような気がします。

思うように事が進まない事はよくある事なのですが、ネガティブ思考が強い人ほど気持ちが左右されてしまい、浮き沈みも激しいのでますます自己嫌悪に陥ってしまいネガティブ思考が高まりやすくなり、助けを求めて占いに依存してしまう事があるのです。

何度も占いに答えを求めがちになります

近年になって占いと言っても様々なジャンルのものが多くなったように感じます。
ですが、ネガティブ思考が強い人だと、占いに本当に心酔してしまう事が多いので、周りが見えなくなりがちになるので占いにハマりやすいと言えます。

その為、少し不安に思うだけでも占いに頼らないといられない心理になってしまう為、生活も常に占いと一緒になります。
占いのアドバイス通りに生活しないとますますネガティブ思考が強くなってしまうので、良いアドバイスが貰えるまで色んな占いを渡り歩いたり意見を求めて何度も占いに通うようになります。
そうなると、前のページでも紹介したような依存傾向が高めであると共に、心理的に全てのバランスが取れなくなって大変な状態にあると思います。


この記事をシェアする